*

藤原さくら月9ラヴソング低視聴率も事務所的にOKの理由は?

公開日: : 最終更新日:2017/07/08 ドラマ

 

藤原さくらがヒロインを務めた

月9「ラヴソング」も6月13日で

最終回を迎えますね。

 

平均視聴率が月9史上最低になることは

避けられないこのドラマなんですが

事務所的にはOKみたいなんですよね。

その理由について調べてみました。

スポンサードリンク

 

福山雅治と同じアミューズ所属

これは去年の12月に

ドラマのオーディションが行われて

ヒロイン役に藤原さくらが選ばれた

ぐらいから言われていたことなんですが

 

実はある程度、藤原さくらが選ばれることが

決まっていたのでは?ということなんですよね。

 

というのも去年に藤原さくらはアミューズから

ソロデビューをしていて

売りだそうとしていたところだったわけです。

 

そこに今回の福山雅治主演月9ドラマの

ヒロイン役のオーディションがあるということで

タイミング的にはバッチリなんですよね。

 

だって普通に考えてみてくださいよ。

福山雅治主演の月9ドラマですよ。

演技経験もないデビューしたばかりの

女の子が歌が上手いというだけで

ヒロイン役に選ばれるのって

オカシイじゃないですか。

 

フジテレビも視聴率が取れなくて

苦しんでいるわけですからね。

どうなるか分からない新人女優を

使うよりは安心できる演技がうまい

女優を選びますよ。

 

そう考えてみると

今回のヒロイン役オーディションは

オーディションという形を取っていますが

完全にアミューズ側の息の掛かった

出来レースだったのでは?と思いますね。

 

スポンサードリンク

 

藤原さくらの演技の上手さは想定外

アミューズとすれば藤原さくらが

選ばれたことで福山雅治との抱き合わせで

売り込みが掛けられるので御の字だったんですが

 

藤原さくらの演技の上手さは

想定外だったんじゃないですかね。

嬉しい誤算だったと思います。

 

おそらくドラマの中で歌われる主題歌の

良いプロモーションになるから

演技のことはそんなに考えてなかったでしょうから。

 

低視聴率も想定外

もう一つの想定外はまさかの低視聴率です。

福山雅治主演の月9ドラマということで

フジテレビも期待していたと思うんですが

完全に的が外れましたね。

 

原因については色々と囁かれていますが

福山雅治の結婚が影響したとか

キャスティングの問題だとか

脚本がダメだったとか・・・

 

でもまあフジテレビのドラマ自体が

全然視聴率が取れない状況なので

誰が主演だったとしてもダメだったでしょうね。

 

それでも事務所がOKの理由

アミューズとしては視聴率は

そんなに気にしていなかったと

思いますよ。

 

その理由としては

売りだしたばかりの新人歌手を

話題の集まる月9ドラマで

使ってもらえたこと。

 

そしてもう一つは、

このドラマ自体が主題歌「SOUP」の

長いPVとみればこれほど

効率のいいものはないでしょう?

 

実際にドラマは低視聴率ですが

主題歌の「SOUP」はすごく話題に

なっていますからね。

 

まとめ

月9ドラマ「ラヴソング」の低視聴率は

決して福山雅治や藤原さくらの

せいでは無いですよ。

 

明らかにフジテレビドラマの質が

落ちているということです。

 

それでも藤原さくらという

新しい才能を発見できたことは

とても良かったんじゃないですか?

 

歌手としてだけじゃなく

女優としてもやっていけそうですからね。

頑張って欲しいですね。

 

オススメ記事

>>>藤原さくらの関連記事はコチラ

 

 

スポンサードリンク

もっと特ダネ情報ありますよ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑